エラ張りの原因とボトックス注射の仕組みについて

    

自分の顔のエラの張りをどうにかしたいと悩んでいる方は多くいます。
エラが張った顔で悩んでいる方にお勧めなのが、エラを削る施術をしなくてもフェイスラインをシャープにできるボトックス注射です。
もう、マスクで顔を隠す必要もなくなります。今とても注目されている施術方法なんです。
この方法を用いれば顔に傷をつけることは一切なく、フェイスラインをすっきりすることができます。

まずエラが張っている原因に、食事をするときに使っているかむ筋肉がとても発達している場合があります。
そのためこの筋肉を一時的に麻痺状態にしてあげることで、すっきりとしたフェイスラインができるんです。
ボトックス注射とはこの一時的に筋肉を麻痺状態にする「ボツリヌス毒素製剤」を筋肉に注射する方法です。
注射をするだけでフェイスラインをすっきりさせる施術方法なので、メスでの施術は必要がありません。
そのため顔に傷がのこることもないので、芸能人やモデルさんも利用している方法です。
エラはとっても気になるけど、メスを入れるのには抵抗があるという方にはお勧めの方法です。

しかしエラが張っている原因には、もともとの骨格でエラが張っている場合もあります。
ボトックス注射は筋肉に対しての施術ですので、この場合はあてはまりません。
その場合はやはり顎を削る施術が必要となります。

ボトックス注射はある程度でその効果がなくなってしまいます。そのため継続的に注射を行わなければなりません。
しかしこれはやめたいと思えばいつでも辞められるというメリットともいえます。
今までずっと顎が張っていることでからかわれたり、自信が持てなかったと悩んでいた方にはこのボトックス注射での施術はお勧めの方法です。